トップページ > 各種活動報告 > 精神科デイケア

精神科デイケア

デイケア棟の外観
デイケア棟の外観

精神科デイケアってどういうところ?

精神障害者の社会生活機能の回復を目的として、その人に応じたプログラムに従ってグループごとに治療するものです。
病気や障害をもちながら地域で生活されている方が、その人らしく生活が出来るように援助していきます。


デイケア棟の様子
デイケア棟の様子

こだま病院の精神科デイケアは?

スタッフは看護師、臨床心理士、作業療法士が担当しています。
月曜日から金曜日にそれぞれ6時間行なっています。


こだま病院のデイケアがめざしているもの

当院の理念「つながりがやすらぎ」のもと、「楽しい」、「リラックスできる」、「何でも話せる」、「気楽に参加できる」、「みんなが心地よく集まれる」といったデイケアを目標にしています。

デイケアの活動内容

活動は、月1回のミーティングで、メンバーの希望を取り入れ、1ヶ月の活動内容を決めています。
主に、生活技能訓練(SST)、室内ゲーム、散歩、ミニバレーなどの活動を行っています。また、将棋大会、年忘れ会などのイベントも行っています。
また、アロマテラピーができるリラックスルーム、カラオケルームがあります。メンバーから好評です。

訓練の様子
生活技能訓練の様子
フットセラピーの様子
カラオケルームの様子

ある週の活動プログラム

カラオケ 音楽鑑賞 室内ゲーム ゲートボール 散歩
生活技能訓練
(SST)
グランドゴルフ ミニバレー ドライブ 卓球

デイケアに参加しているメンバーの感想

  • 生活リズムが出来る
  • ゆっくりできる。
  • 同じ仲間に会える。
  • 気分転換になる。
トップへ戻る